探偵による浮気調査

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。
男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。
探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を続けていいのかどうか迷って決められないですよね。
まずは落ち着いて、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。浮気の証拠をとらえるためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。
ところが、探偵に頼むと調査料金も安くはないですから、誰もが容易に依頼することのできるものではないでしょう。探偵への浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所の違いでお値段は違ってくるので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。
実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるでしょう。
そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、計算した費用です。
浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。
探偵に浮気の調査を要請して、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料を求めれば、配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ